トラブルを未然に防ごう

散布作業者

ネズミ駆除を業者に依頼するという場合、口コミや体験談を参考にして優良業者を選ぶようにしましょう。実際に契約をする際には、ネットなどで被害を訴えるだけではなく、詳しい見積もりを依頼するためにも現地調査を行う業者を選ぶようにしましょう。

改善ポイントとグッズ

困る人

鳩の特徴としては、巣を作るのに何度か下見をするという性質があります。その際に糞をそのままにしておくと住み着くきっかけになります。対策としては、蛇などのダミーを置いたり、ネットで囲ってしまうなどの方法が人気ですが、その前に掃除をするなどが効果的です。

業者に依頼した場合

ネズミ

ねずみは人間に対して間接的に害を与える小動物です。ねずみによって病原菌や害虫などが媒介される可能性がありますし、また建物に対しても被害が出るケースがあります。このためねずみが現れた場合にはねずみ駆除をする必要があります。駆除業者の料金は業者によって変わってきますが12万円から20万円程度は必要です。

怖いスズメバチの対策

蜂

突然巨大な巣が出現

スズメバチが危険なハチであることは周知の事実ですが、そのスズメバチには種類があり、日本では10種類以上のスズメバチが生息していると言われています。その中で都会に適応能力があるスズメバチ、言い換えれば、普段の生活で見かける可能性が高いスズメバチがキイロスズメバチです。キイロスズメバチは、その名が示すとおり、全体的に黄色っぽい色をしているスズメバチです。そして、他のスズメバチよりも大きさは小さく、20mm前後の大きさです。ハチは巣作りが活動の中心だと言えますが、キイロスズメバチも同様です。キイロスズメバチは最初、屋根裏等、閉鎖的で人目につかないところに巣を作り始めますが、巣が大きくなると、軒下等に移動させる傾向があります。ある日突然、バレーボールくらいの巣が出現したら、それはキイロスズメバチの巣である可能性が高いと言えます。

専門家への依頼が賢明

キイロスズメバチは多くなると、1000匹以上になることもあります。また、神経質であり、小さくても非常に狂暴ですから、少しでも巣に近づくと攻撃される恐れが高くなります。従って、まずは巣に近づかないこと、そして、早急に駆除する必要があります。スズメバチの巣は、しっかりと準備して慎重に行えば、素人でも駆除することは可能です。しかし、キイロスズメバチの巣に関しては、より危険性が高いが故に専門業者に駆除を依頼することが賢明だと言えます。専門業者には直接、依頼することも当然できますが、自治体を介して依頼できる場合もあります。その場合、自治体が費用の一部を負担してくれる場合もあります。また、自治体が駆除してくれる場合もあり、その場合は費用は無料となります。

Copyright © 2017 毒を有するスズメバチは早急に退治しよう! All Rights Reserved.